MFSアフリカ(ヨハネスバーグに拠点を置くfintech)は、国際開発(DFID)のために、英国の部から資金提供において£200万(~$2、576、000)を確保しました。
投資は、「アフリカ2019を示唆する会社」の発射の間、国際開発秘書(ペニーMordaunt)によって、昨日発表されました。

「金融が大陸に、そして、それの向こうへ流れることをより簡単にするために革新的なアフリカの会社を支えることを、我々は約束します。
送金の660億米ドルが、英国から始まっているおよそ10%で、毎年アフリカ内に流入すると見積もられます」と、彼女は言いました。

MFS Africa CEO Dare Okoudjou
MFS Africa CEO Dare Okoudjou

2018年に、2018年にアフリカの向こうに25の最も資金を助成された会社の間でそれを置いて、資金提供において、MFSアフリカは、アフリカIndexが報告するダイジェストにつき、合計1400万ドルを増やしました。
LUNパートナー・グループがシリーズBをリードしたあと、それも中国に拠点を置くVCによって資金を供給される最初のアフリカのfintechになりました。

この続きラウンドは、このように、我々の方法論につき、橋カテゴリーに該当して、MFSに少し1650万ドル以上まで過去12ヵ月で上がるアフリカの完全な資金提供をもたらします。

政府が持っている英国は、異なる車両、DFIDを含めてを通して大陸の全域で会社を支持しました。

MFS Africa
MFS Africa

2018年の末の方の顕著な投資は、Liquid TelecomになるCDCグループの(英国の開発金融機関)1億8000万ドルの投資でした。
同じ年には、量が明らかにされなかったけれども、それもM-コパの続きラウンドに参加しました。

しかし、CDCグループも投資をJumiaグループにしました。そして、それが2014年11月に発表した電子商取引巨人の1億5000万ドルのSeries Cに参加しました。

初期への英国のさらなる参加と大陸の新生の会社 – その投資車両と現在ロンドン証券取引所で – 時間が、Liquid TelecomとJumiaグループのように、いくつかにとって正しいとき、リストに彼らをおびき寄せる動きは、交換でありえました。

Author:

Programmer working in Tokyo. Founder of Investocracy. Have experience working in private equity and venture capital.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です