スタートアップは世界を変えるためにここにありません、我々に人類を昇進させる革新をもたらすことによってworld―を保存するために、彼らはここにいます。

我々の大学、研究室とガレージは莫大な量のinnovation―をつくります、そして、毎日より来ています。
今日の挑戦は、人類を昇進させる方向に、それを顧客に届けています。

スーパー会社

アップル、Google、フェイスブックとアマゾンは、うろこに革新をすべて加えます:
彼らは、すぐに全世界にそれを確実に持ってきます。
私は、それらをスーパー会社と言います。
(そして、より多くが情報テクノロジー、ハードウェア、ヘルスケアとエネルギーです。)

それは極端に難しいようかもしれません、しかし、スーパー会社は築かれることができます。
そして、彼らができている唯一の方法は、スタートアップを始めることによってあります。

我々の義務

スーパー会社が世界とスタートアップとして始まるあらゆる会社を救っているならば、スタートアップの道に沿って摩擦を取り除くことは我々の道徳的な義務です。

それは、最初の生態系のあらゆるサービスプロバイダの職務でもあります:
投資家、保育器、アドバイザー、弁護士、リクルーターなど

企業家

サービスプロバイダの義務がスタートアップの旅行において摩擦を排除することであるならば、人類の進歩への意味がある貢献をすることができる会社を始めるだけであることは企業家の義務です。
それは、インターネット・マクドナルド相当である企業を断ることを意味します。

そして、我々がうろこに革新を加えるまで、決して売らないか、シャットダウンしないか、やめないことは企業家としての我々の義務です。

当初、ここで発表されます:http://venturehacks.com/articles/save-the-world

Author:

Programmer working in Tokyo. Founder of Investocracy. Have experience working in private equity and venture capital.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です